朝日誌

丸の内朝大学2016年秋受講の記録を終えたので、個人的視聴メモに利用します。

丸の内朝大学・ミュージカルFANクラス:第2回

日常がばたばたしすぎていて書けず、このままだと明日のフィールドワークがやってきてしまう!ということで簡単に10月12日第2回の記録。

本当は簡単にはすませられないほど第2回のお話も濃くとても楽しい時間でした!

第2回テーマ:ミュージカルで世界を旅する
講師:塩田明弘、薛珠麗

世界各国でつくられるミュージカルは、国ごとにその特色も千差万別。作品やアーティストのことについて話を聞くほか、海外作品を日本で上演する際に欠かせない脚本翻訳、訳詞の奥深さを味わう。

 ゲスト講師は薛珠麗(せつ・しゅれい)さん。

薛珠麗
(翻訳家・演出家)
国際基督教大学卒業後、外国人演出家の通訳/演出補として幾多の舞台に携わったのち、翻訳家/演出家として独立。演出作品:ベニサン・ピット『蜘蛛女のキス』、音楽実験室新世界『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき』、シアター風姿花伝『ブルールーム』他。翻訳作品:ベニサン・ピット『エンジェルス・イン・アメリカ』、『橋からの眺め』、『ブルールーム』、パルコ劇場『ハーパー・リーガン』、帝国劇場『レディ・ベス』他。

-丸の内朝大学公式より引用

 

第2回は塩田先生も前回少し触れられていたミュージカルにおける言語の影響力に関してをメインに、今回も「これはオフレコで!」という部分を含め(笑)みっちり1時間対談形式でお話くださいました。

特に印象に残ったのは原曲に込められている思いとか工夫とか、やはり原曲をそのまま味わえるとより楽しいのだろうなぁと思いました。

例えばエリザベートの『私だけに』の最後が日本語だと「わたしに~」で、超高音で歌い上げる「に」の1音の部分が英語だと「Me」という1音で「わたし」を表現でき、そこで「Me」と使えることによる演出との相乗効果を詳しく説明くださり、ああ!なるほど!!と納得することだらけでした。日本語は「に」だけ言われても何も伝わらないものね…(だからこそ「わたしに」としてできる限り表現するように頑張っているのが翻訳家さんなわけですが)。

アナ雪の「レリゴー」部分も2回繰り返すことに意味がある理由、など。日本語だと「ありのーままのー」と1単語になってしまい本来の演出とはかみ合ってはいないのだなぁとか。

本当に興味深くてもっとお聞きしたかったです!1時間じゃ足りない!お二人もこんな内容なら6時間は喋れると言っていました(笑)